専門分野

ドライアイ(乾燥性角結膜炎)|白内障|角膜移植角結膜疾患
生活習慣病眼科涙道・流涙疾患眼瞼痙攣

白内障

白内障とは?

 白内障とは、水晶体が年齢とともに濁ってくる病気です。水晶体はカメラで言うレンズですから、曇り硝子を通して見るような状態になります。白内障はけがや薬、あるいは糖尿病によって起こりうる場合もありますが、ほとんどは老化現象と共に起こる病気です。

  自覚症状としては、視力低下やまぶしさ、かすみ眼などが挙げられます。このような症状がある際には、一度眼科での診察を受けられることをお勧めいたします。

  治療方法としては、軽症の場合、目薬で進行を予防します。加齢的な変化のため目薬でもどうしても進行してしまいます。ただし、この白内障があるからと言ってすぐに手術が必要なわけではなく、眼鏡を使っても視力が出にくいなどの症状や、日常生活に不自由が生じた際に手術を受けると言う目安になります。

白内障手術

濁った水晶体を超音波で砕いて吸い取ります。そのままでは、レンズがない状態なのでピントが合いません。そのため、患者様それぞれに合った眼内レンズを元の場所に入れ込みます。

当院では、日帰り・1泊入院にて、白内障手術を行っています。

白内障と白内障手術後の写真

▲ページTOPへ

ドライアイ(乾燥性角結膜炎)|白内障|角膜移植角結膜疾患
生活習慣病眼科涙道・流涙疾患眼瞼痙攣